またろうのシストレブログ

マネックス証券が提供しているトレードステーションと、MT4などシストレ関連について色々書きます。株と自動売買、EasyLanguageについても。

トレステにマニアックな注文方法が追加されたよって話

11月30日にトレードステーションがアップデートされたようです。アップデートにより、「音声入力注文」と「新アルゴリズム注文」が追加されました。 「音声入力注文」についてはマイクが無いので割愛します。 (諸々の事情でマウスやキーボードの入力ができ…

MT4が使える日本のFX会社を列記してみる

今日はMT4が扱える日本の証券会社を列記してみようかと思います。 (知る限りの情報も付記しておきます) らくらくFX(FXTF) 仮想通貨のチャート分析がMT4上で可能(取引は不可) 日経225やダウ先物などCFD銘柄をチャート上に表示可能(取引は不可) 1000通貨…

VWAPを直近一定本数で計算する関数を作ってインジケーターにしてみた

VWAPの欠点 今日は久しぶりにトレステの話でもしてみます。 前にVWAPの話をしましたが、VWAPは上げ下げを順に加算していくので その性質上、前場寄り直後は大きく上下しますが、午後からは殆ど動かなくなります。 なので、直近の一定本数のみを加算する方式…

手っ取り早くシストレを体験するなら

ストラテジー(エキスパートアドバイザー)を組むのは面倒くさい 人によってはストラテジーなんて組むの面倒くさい、 ただ手っ取り早くシストレがやりたいって人もいるかもしれません。今まで手動で取引していたが思うようにいかない、 だから自動的に取引だ…

MT4で24時間取引するにはどうしたらいいか

株取引の時間は9:00~15:00あるいは15:30までですが、 FXはご存知の通り土日を除く24時間取引が行えます。 なので寝ている間も自動で取引できたらいいなあと考えるかもしれません。 しかしこれを自宅にあるPCでやるにはリスクがあったりします。 自宅の端末…

MT4のバックテストで最適化してみる

EA(エキスパートアドバイザー)開発に必須なバックテストの最適化 トレードステーションにもありますが、MT4にもEA(ストラテジー)の「最適化」があります。 これはinputに設定しているパラメータを総当たりでバックテストして最適な値を引き出すというも…

とりあえずEA(エキスパートアドバイザー)を作ってみる

MT4はMQL4という言語を使う MT4で自動売買のロジックを組むにはMetaEditor4を使いますが、使用感を知りたいので 祝日の休みを利用してEAを組んでみました。ロジックですが、 3本の移動平均線(短期、中期、長期)の位置と向きを比較して上から短期、中期、…

無期限・無料でデモ口座が使えるMT4を入手する

現状MT5は… 前回はMT4のフリー版をインストールしたらMT5になってたという記事を書きました。 公式がMT4のライセンシングを停止した以上 いつかはMT4からMT5へ切り変わる時期が来ると思われますが、 現状まだMT4が主流であることと、MT4で使われるMQL4と、MT…

MT4をインストールしてデモ口座を開いてみたが...

暫くはMetaTraderネタを書こうかと思います。 無料でMT4を入手する FXの定番自動売買ツールといえばMT4(MetaTrader4)ですが 実は普通に無料でダウンロードして、デモ口座を開くことができます。 (デモ口座なのでいわゆるバーチャルトレードが可能です) …

トレステはネタ切れ感が強いので…

「またろうのシストレブログ」に改名します。 トレステではあんまり書くこと無くなったので、幅を広げてシストレ関連なら何でも書こうかと思います。 FXで有名なMT4とか、ロボアドバイザーもシストレに入るかな? 直接シストレに入らなくても、株や投資で書…

トレステのスキャナーでファンダメンタル分析をする

トレステで割安株を見つける 前々回は出来高が急増している株をリアルタイムで監視するスキャナー設定をやってみました。tsukinowakabu.hatenablog.jp今回はスキャナーでファンダメンタル分析をしてみようと思います。検索条件は以下の通り。 株価純資産倍率…

トレステで株ニュースのリアルタイム監視をする

株ニュースに気を付けろ いわゆる「株名人」のツイート同様、「株ニュース」の影響もなかなかに大きくて 決算は良好なのに、計算方法のアヤで「減益」と書かれてしまったせいで株価が暴落するなんてことがあります。トレステにはみんかぶなどのニュースをリ…

トレステでスクリーニングしてみるテスト(スキャナー)

今回はトレステでスクリーニングできる機能「スキャナー」を使ってみます。 出来高が急上昇した銘柄をスクリーニングしてみる スキャナー(スクリーニング)を開いたら、画面左下の「挿入」を押下 名前 任意の名前を設定したら「進む」 シンボルユニバース …

ナイアガラの発生をトリガーにしてポジションを持つストラテジーを組んでみたがって話

命名「狼狽トリガー」 いわゆるナイアガラ(突然の大暴落)の発生をトリガーにして ショートポジションを握った後 反転したところでロングポジションに持ち替えるというストラテジーを組みました。何か月か前の野崎印刷紙業[7919]でナイアガラが発生したので…

トレンドラインを自動で引いてくれるインジケーターが普通にあったわって話

トレンドラインを手動で引くのは面倒くさいので、自動で引くインジケーターを作ろうとしたら 普通にインジケーターの中にありました。 「自動トレンドライン」っていうのが。チャートの波形を拾って、波の頂点から未来軸の頂点に向かって線を引いてくれます…

トレステ付属のSNSビューアがツイッター監視ツールとして結構優秀だって話

twitterではいわゆる「株名人」が毎日株に関するツイートをしています。 ツイートの影響は結構大きくて、突然トレンドが変化することがあります。 (倒れる方向の正確性は置いといて)しかし自分が知っているだけでも名前を挙げてみると、 ウルフ村田さん、…

トレンドラインを日付時間指定で引くインジケーターを作ってみる

多くのチャートツールは手動で線を引く機能はありますが 割と面倒くさいのではと思います。 その辺を自動化できたら楽ですね。なので今日はチャートにトレンドラインを引くインジケーターを作ってみます。トレステにはトレンドラインを引くための命令が用意…

上昇・下降出来高を分けて表示するインジケーターを作って分かった驚愕の事実

ワークスペースにチャート分析を入れ込むと デフォルトの設定として売買高のインジケーターが設定されます。売買高というのは出来高とイコールなのですが 出来高というのは売り気配に買いをぶつける「上昇出来高」と 買い気配に売りをぶつける「下降出来高」…

日中足で移動平均や指数加重移動平均を使う場合は改造が要るよって話

日足では特に意識する必要もないのですが 秒や分などの日中足で、移動平均などの過去データを参照するチャートを使う場合 前場寄り直後で大きめのGU(ギャップアップ)やGD(ギャップダウン)が発生すると チャートの描写があまり宜しくない感じになります。…

トレステでVWAPを(頑張って近い値を)表示しようという話

今日はトレステでVWAPを(何とか頑張ってそれらしい値を)表示する方法を書きます。EasyLanguageにはVWAPという予約語が用意されています。 なのでこれを単純に使えばよいのではと考えるのですが どうもこれは板情報(買気配や売気配)と同じリアルタイムデ…

TOPIXの値動きを見ながらETFを売買してみる

トレステは、マルチチャートと言って複数のチャートを一つの画面に表示して それぞれのチャートの状態を見ながら特定の株の売買をするという芸当が出来ます。今日はマルチチャートを使ってTOPIXの値動きを見ながら ETF(今回は[1570]NEXT FUNDS 日経平均レバ…

そもそもTradeStationとは何ぞやという話

ひょっとしたら、検索からたまたま此処へ行き着いたかたもいるのではないかってことで 「そもそもTradeStationとは何ぞや」って所から書こうと思います。TradeStation - Wikipedia 元は米国が開発したトレーディングツール (以下英語版ウィキペディアからの…

トレステで使える指数・先物・為替一覧

トレードステーションで株式を表示する分には、単に4桁の銘柄コード(証券コード)を入力するだけなので さして問題はないかと思います。しかし、これが日経平均などの指数や、為替、先物を表示したいとなると途端に面倒臭いことになります。 トレステが独…

魅惑のスキャルピングトレード

今回は前回作った板チャート(ITA_AVG)でストラテジーを組んでみます。ロジックは移動平均線大循環分析でストラテジーを組んだ時とほぼ一緒です。関数ITA_AVGが必要です。 tsukinowakabu.hatenablog.jp [Intrabarordergeneration = true]; inputs: ShortAvg…

売気配・買気配をチャートにして描いてみる

自動売買するならスキャルピングでやってみたいと考える人はそれなりにいるかと思います。今回は板の売気配・買気配をチャート上に描いてみます。 売気配・買気配は別の関数にして、インジケーターで描写します。 売気配・買気配 関数 REALTIME_BID variable…

アラート上げたいだけならショウミーがいいよって話

自動売買はまだちょっと怖いので 特定条件が揃ったらアラートを上げるだけにしたいって考えている人は多いんじゃないかと思ってます。 その時に使えるのが「ショウミー」という分析テクニックです。ショウミーは条件が揃うとポップアップが表示され、音を鳴…

トレステで使えるインジケーター(チャート)一覧

今日はトレードステーションで使えるインジケーター(デフォルトで使えるもの)を纏めてみました。 カスタムチャート系(任意の値を設定するとその場所に線を引くもの)とファンダメンタル系は除外しました。 インジケーター一覧 〇:特に何も考慮せず使用可…

トレステで一目均衡表を表示するにはセットアップが必要って話

トレードステーションには様々なチャート分析が用意されていますが、 実は最初にセットアップしないと使えないものがあります。 一目均衡表を表示するには 一目均衡表は何も考えずに挿入すると、下記のようなエラーが出ます。何のこっちゃ?って話ですが、 …

過去の日中足のデータをテキストファイルに吐いてみる

前回では過去の日中足のチャートを確認する方法を書きましたが 今回は四値(始値・終値・高値・安値)とインジケーターで出力した値をテキストファイルとして出力する方法を書こうかと思います。 簡単な方法 予めチャート分析の「銘柄コードの設定」を出力し…

トレステなら過去の日中足を確認することも容易だねって話

Webコンテンツから取得は困難 誰しも過去のチャートを見て戦略を立てたいと考えます。過去の日足や週足を見たいのであればYahooファイナンスなどで確認できますが これが日中足(時間足・分足・秒足)になると途端に難しくなります。 恐らくWebコンテンツか…